いわき市周辺の治安

東日本大震災だけでなく、津波の影響で大きな被害を受けた福島原発の事故により多くの市民が住み慣れた家から非難しなくてはいけない等、今でその状況は続いている福島県ですが、多くの人が復興のために訪れているという事情や、避難生活を強いられているために自宅には誰もいない等、多くの人たちが治安を維持することへの不安を感じています。

いわき市などでも、ボランティアとして救済に訪れている人や復興支援に関わる作業に従事する人など、多くの人が県内外からいわき市へ移り住んでいますが、お互い顔見知りばかりで安心して暮らしていた田舎暮らしになれている住民にとって、それが復興を支援してくれている人と言うのは理解してもやはり不安が消えるわけではありません。

留守宅への不法者の侵入は

事故発生当時に比べると極端に少なくなっていますし、多くの家は一時帰宅の際に大切なものを運び出していますが、今後もいわき市周辺が平和で安全な街で居続けるためにも、警察だけでなく地域の人たちによる努力を続ける必要があります。